紅茶はなぜ金運アップ?お金持ちのマネをしてみたからわかったこと

私の周りにいるお金持ちだな~と思う方達の家にお邪魔させてもらうと、どういうわけか皆様紅茶派で、お金持ちになりたい!と日頃願っている私は、「得意のマネから入る」をやってみることにしました。

ちなみに普段は緑茶とコーヒーをよく飲んでいます。紅茶は友達の家にお邪魔したときにだしてもらった物を飲むぐらいなので、ほとんど自宅では飲んでいませんでした。
別に嫌いなわけではありませんよ。

ただ風水でも紅茶は金運に良いとされているので、ここはやってみて変化を見てみたい!

では実際にやってみての変化やなぜ紅茶が金運アップに良いとされるのか?をまとめてみました。

紅茶の金運アップは淹れるところから

風水生活を始めて、とにかく「取り入れられる物は取り入れる!マネできるものはマネをする!」という精神から紅茶を飲むようになったわけですが、正直に言いますと
紅茶を飲んだからといって激変するわけではありません。

ただ学べることが多かったのは事実です。その事により、私は時間の使い方と居心地の良い空間を意識するようになりました。
これは私にとって大きな進歩だと今でも感じています。

まず紅茶を淹れるところから始まります。
道具から揃えるというのもありますが、今まで自宅で紅茶を飲むことがほとんどなかったので、とりあえず普段使っている物を代用しました。

その代わりといってはなんですが、ティーバッグの物ではなく、茶葉から淹れてみました。

茶葉はスーパーで買ったアールグレイで、淹れ方の説明を見ながら私にしては丁寧にやったと思います。

カップとティーポットはあらかじめ温めておき、温めたら一度捨てます。
ティーポットに茶葉を入れお湯を注ぎ、そこに布をかぶせ指定された時間蒸します。

時間になったらあらかじめ温めておいたカップに注ぎできあがりです。
茶葉によって蒸す時間や温度、量が違うので、買った時に必ずチェックし、なるべくその通りに淹れるよう心がけています。

紅茶は透き通ったワインレッドのキレイな色が特徴ですが、始めて茶葉から淹れた物を飲んだ時に感じたのは香りの良さです。
紅茶を丁寧に淹れることによって、よりその香りに魅了されます。

臭いは直接大脳皮質に届けられる物なので、良い香りを嗅ぐと心地良くなるというのは納得です。
だから自分にとっての良い香りを知ることは、嫌な気分になった時やリラックスしたい時などにとても効率良く気持ちを変える方法なのではないかと思います。

紅茶は淹れるところからリラックスできる空間と時間をもたらしてくれるということがわかりました。

手間暇かけるからこそオンオフがはっきりする

茶葉から淹れるとなると、ティーバッグの物より手間だと感じるかもしれません。
私自身めんどくさいことが嫌だという思いがあり、茶葉から紅茶を淹れることを避けてました。

ただテレビのドラマや実際に客として招かれ紅茶を淹れてもらう場面を見ると、不思議と気持ちが豊かになることはありました。
「あ~、いつか自分もこんな生活をしてみたい」と思うこは多々ありました。

「こういう生活はお金持ちにならないとできない」と思っていましたが、それは大きな間違い。
「紅茶を淹れる」ということはお金持ちでなくてもできることです。
ただ忙しいということを理由にやっていないだけだったということに気がつきました。

正確には忙しいということを言い訳にしてめんどくさいをしたくなかっただけでした。

考えてみればテレビを見ている時間があります。
本を読んでいる時間があります。
スマホを気がつくと1時間ただいじっていることもあります。
何もせずボーっとしている時間もあります。
職場に折りが合わない人がいて、その人のことを考えているだけでムカムカとしてただ過ごしている時間があります。

だったら紅茶を淹れて優雅にすごすことはやろうと思えばいつでもできたわけです。
これに気がついてからオンオフを意識するようになりました。

何も紅茶じゃなくてもいいとは思うのですが、上記でも説明したように、紅茶は淹れるところから良い空間を演出してくれるので、私はあえて休憩時間を紅茶にしています。ちなみに大好きなコーヒーはデスクワーク中に飲んでいます。

あえて茶葉からじっくり淹れることで、心地よい香りが癒しの空間を演出してくれます。
そしてあのワインレッドの色が高貴な気持ちにさせてくれます。

手間暇かけて美味しい紅茶を淹れることで、職場の人間関係もゴシップニュースもどうでも良くなります。
ただ今のこの時間、空間がとても幸せに感じるからです。

「な~んだ、たったこれだけのことで、こんな豊かな気持ちになるんだ~」と今までの自分の時間の過ごし方を反省しました。
使える時間が同じなら、気持ち良くなるように使った方が得です。

気持ちがリフレッシュすると、また次に良い仕事につながります!
そのためのオンとオフ。

そのアイテムとして「ティータイム」はおすすめです!

ティーポットやティーカップに癒される

紅茶が気持ちをリラックスさせてたり豊かな気分にさせてくれる理由は他にもあります。

始めは自分のマグカップで飲んでましたが、それでは物足りなくなり来客用のティーカップで飲むようになりました。
そして今ではマイティーカップがほしいと思うようになり、買う前に食器棚を整理してからだなと計画を練っているところです。

そのくらいティーポットやティーカップが素敵な物が多く、「そんなカップで飲めたらどれだけ幸せだろう」と考えるだけでにやけてしまいます。

他にもアイテムがあり、ティーストレーナー(茶こし)やティータイマー、ティーコジ(ポットにかぶせるもの)、ティーマットなどどれも心がときめくようなデザインで、いつか全部揃えたいです。

紅茶を淹れている時はその香りに魅了されました。
そしてカップに注ぐときは周りの小物に癒されます。

まさしく外から入るタイプなんだな~と自分のことを再確認。
「外から入る」ということを嫌っていた時期がありましたが、わからないことは外見から入って覚えるというのも悪くないです。
意外と理屈から入るより、見様見真似の方が続けられ、そのうちその物をしっかり理解していくのであれば、それはそれでいいのかな?と今は前向きに考えています。

お菓子もまたリッチ

私は紅茶自体は砂糖は入れずに飲んでいますが、紅茶と一緒に食べるお菓子は甘い物が欲しくなります。

昔イギリスに留学していた知人のお土産でいただいたオレンジのビスケットがとても美味しかったのを思いだしました。
知人は紅茶もお土産にくれ、オレンジのビスケットは紅茶と一緒に食べれるつもりでくれたのだと思います。

でも当時中学生だった私は愚かで、小学生だった弟とビスケットだけを先に食べてしまい、今思えば美味しかったであろう紅茶はほとんど飲まず、親が飲んでいました。
「無知というのは罪だな~」と今の私は当時の私に言ってやりたいです。

そんな思い出話はさておき、紅茶のおとものお菓子は本当に美味しい物が多いです。

スコーン、ビスケット(くるみやオレンジなど)、ブレッド、マフィン、パンケーキ、ブラウニー、フルーツケーキなどなど。
またサンドイッチもいいですね。

余裕があれば作ってみるのも良いのではないでしょうか?
私はまだそこまではできてませんが。

トーキンググッズもある

本で知ったのですが、トーキンググッズというのもあるそうです。

お客様を招いてのティータイムなどで使われるそうで、要はおもてなしの心かな?と私なりに理解したつもりです。

例えばテーブルに珍しくてオシャレな物を置いてあるとします。
そうすると、会話のきっかけとなりますよね。

物でなくても、季節の花を素敵な花瓶にさしてテーブルに置いても良いと思いますし、またティータイムのおとものサンドイッチをバラの花のような断面になるようにの切ったり、海外の珍しいビスケットをだすのも会話がはずみそうです。
そんなことを考えるだけでワクワクしませんか?

風水からみた紅茶

風水でみても紅茶は金運に良いとされています。
風水は環境学です。
なぜそうなのか?という理由が必ずあると私は思っているので、風水生活を続けています。

では紅茶が金運に良いとされる理由を自分なりに考えてみました。

皆さんご存知だと思いますが紅茶は風邪予防に良いとされています。
他にも効果があり、抗酸化作用、血管・血液の健康への好影響、インフルエンザ予防、リラックス効果、集中力、虫歯予防、脂肪燃焼促進とう、紅茶に含まれているカフェインを懸念されがちですが、紅茶を上手に取り入れれば私達にとって手軽にできる健康飲料となるわけです。

風予防に良いのだから健康運ならわかるけど、なぜ金運?

それは健康でいなければ、働くことも何かを学ぶことも難しくなるからだと思います。
これは体だけでなく心の健康もそうです。

お金を稼げる方はというのはオン・オフの切り替えができる方なのかなと思っています。
人より稼ぐにはその分人より苦労があるわけです。
多少のことでグズグズと足止めをくらってるようでは前に進めません。その苦労を乗り越えるには上手く自分を切り替える必要があります。

何かを達成する過程で、良い感情も生まれますが、嫌なこともたくさんあります。
やってもやっても成果がでない。
本当にこれでいいのだろうか?自分は正しいのだろうか?・・・。

モヤモヤした感情を抱くことはたくさんあります。
でもずっとその感情を引きずっているわけにはいきません。

私は反省は大切だと思っていますが、すぐ切り替えることも大切だと思っています。
これは自分の経験からです。

人に憎まれ口を叩かれようが、失敗しようが、それを引きずっていると次に進まなくなりますし、失敗に囚われることで新たな失敗を生みます。
負のスパイラルです。

こうした負の感情が生まれた時は、紅茶を淹れてみてください。
ゆっくりとした時間が流れます。
良い香りがします。
キレイなワインレッドで高貴な気持ちになれます。
お気に入りのティーカップでさらに癒されます。

またお金だけが豊かさとは限りません。

紅茶を淹れることで良い空間、時間を得られるのであれば、それは十分豊かと言えるのではないでしょうか?
これに気がつけてから、私のお金の考え方が変わりました。

豊かさとはお金があることだと思っていましたが、そうではないのですね。

例えば収入も支出も特に変わりはありませんが、1日の中で30分ティータイムを作れたとします。
その30分はただ紅茶を飲んでボーっと過ごすだけの時間です。

これってとても豊かなことだと思いませんか?

よく幸せは人によって違うと言われますが、
「あ~、なるほどね~」と今となっては意味がわかるようになりました。

豊かさや幸せの価値観が変わってから、収入が変わらなくてもお金に悩むことが少なくなりました。
なぜならお金はアイテムにすぎないからです。

何のアイテム?
それは自分次第で変わります。

「お金がない」ではなく「限られたお金をどう使えばいいか?どうすれば増えるか?」というふうに考えられるようになりました。

つまり、紅茶を飲むから宝くじが当たるとかそういうことではなく、良い空間、時間を知ることで、思考が変わり、そのことでお金の価値観が変わったのです。
これは実体験だから言いきれます。

オンオフのスイッチを自分で持っていること、知っていることは、自分の強みになると私は考えています。
それにより根気強さを持てること(あきらめない力を持つこと)により、金運は必然的に上がっていくと思います。

実際に私は金持ちではありませんが(今だにローンだらけ)金運は上がったと感じています。
大きな要因はくよくよしなくなったことだと思います。

風水生活をしていますが、もちろん嫌なことはありますし、思い通りにいかないことだらけです。
でも自分にとってのオンオフのスイッチを知ったこと、また新たにスイッチを作れたこと(ティータイムを持つことのように)により、気持ちの切り替えが速くなりました。
大人になってからでも鍛えられると知りました。

これからも成功者のマネは取り入れてみようと思っています。

紅茶以外に最近では抹茶にもチャレンジしています。
抹茶の特有の鮮やかな緑色と爽やかな風味と旨みが風水ではどのような効果があるのか調べてみたので、興味のある方はこちらも読んでみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おすすめ関連記事

・抹茶の健康効果とは?あざやかな緑色が風水にも関係する?
・大葉は美肌効果がある?風水の視点から見てみたら納得!

Follow me!

紅茶はなぜ金運アップ?お金持ちのマネをしてみたからわかったこと” に対して2件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。