シンク掃除の習慣化でよりよい生活を手に入れる

トイレ掃除を毎日していると、13年使っているトイレでもキレイなままで使えるということがわかり、しかも掃除の習慣化のおかげで日々短時間で終わらせることができるようになりました。

そこで実際に自分に起こったことは、昇給月でもないのに昇給し、国家試験に合格もできました。
一番大きかったのは時間にゆとりができたことです。日々2時間のゆとりができました。

それなので日々の掃除を少しだけ増やしてみようと思います。
自分のできる範囲で無理せず増やすというのを心がけているので、増やす作業は久しぶりです。

次に取り入れたいのはシンクです。
シンクは一日使いきった夜に洗い物を終えてからとりかかることにしました。

台所は金運と女性の運気に影響するそうです。もちろん大切なことは清潔を保つこと。

詳しくはこちらの本に書いてあります。イラストつきでわかりやすいです。

とりあえず習慣化するまでは簡単に無理なくやっていきたいので、シンク全体をクレンザーがついたスポンジでこすり、水で洗い流すという単純な作業だけにしました。

そして大切なのは排水溝の入口部分。
ここを日々やっていると、汚れが溜まりずらくなるのはもちろん、ぬめりもなくなります。

一度ついた汚れやぬめりは、まず素手で触るのが嫌になります。そして汚れの色がついてしまい、なかなか落とせません。そして極めつけは臭い!ツーンと鼻をつく悪臭を放ちます。

私の家は浄化槽なので、塩素系の洗剤を使うわけにはいかないので、やっぱりこまめにやるべきだったな~と反省しています。
これからやっていけばいいのです。

まだトイレ掃除ほど掃除方が確立してませんが、日々試行錯誤しながらやっていこうと思います

シンク掃除をやるのはもちろん、シンクの汚れ防止にセスキを使っています。
セスキスプレーをシンク全体や水切り籠とうにシューっとスプレーするだけです。
セスキスプレーについてはこちらで詳しく紹介しています。

う~ん、家の台所はまだまだですね~。だから金運が悪いのか・・・。

しばらくは台所に焦点を当てて、やっていこうと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です