とりかかりやすい階段編

玄関掃除が苦でなくなってきて、次に取り掛かったのは階段です。

そういえば家の階段、色のせいなのか(ブラウン)、階段の上に天井からぶるさがっている電気をつけても、足元は暗いんです。

だから、夜中喉乾いて水を飲みに階段を降りると、最後の一段が良く見えなくて恐い思いをしたことがありました。

さっそく本で調べてみると、

理想の階段

・階段に手すりがある
・階段に足元照明がある
・途中におどり場がある
・明るい照明
・壁紙がはがれていない
・絵や写真を飾る
・観葉植物を置く
・廊下に余計な物が置かれていない

廊下と階段は大部分をしめる壁がポイントとなるそうです。

改めて家の階段を見て、直しがいがあるな~と実感しました。

まずは自分自身恐い思いをした「暗い」を解決することにしました。
さっそくネットで調べてみると、フットライトありますね~。
人感センサー付きで、マグネットや両面テープで貼り付けることができ、色も選べます。
電気屋でも探してみましたが、ネットショップの方が安くていろいろありました。

さっそく購入し付けてみると、すごい!日中の明るい時は点灯しないのですが、夜になり、人が近づくとちゃんとつくんです。

ただ速足だと人が通り過ぎてからつくので、あまり意味ないです。
たぶん付けた位置が下過ぎて、反応する角度内に入ってなかったというのも理由としてあると思います。

でもこのフットライト、クローゼットの中に付けたら、これは本当に良かった!効果ありでした。

早朝のまだ薄暗い中で、電気を付けて他の人が起きてしまっては悪いな~と思うことありませんか?また、クローゼットって、部屋の電気を付けていても、暗いですよね。

そんな悩みはフットライトをクローゼットの上の方にペタっと付ければ即解決しますよ!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Follow me!