夜の時間の作り方

いくどかこのブログでお伝えしておりますが、風水生活を始めてからまず変化があったのは時間のゆとりで、それは今もなお継続しております。

まずは午前中に2時間のゆとりができ、それが今は定着してきました。
そしてさらに夕食後に時間のゆとりができたことです。

風水を始めた当初は、今までの生活習慣を変えたり、新たな取り組みをしたりしたせいか、夜眠くなるのが早く午後9時前に寝てしまうことが多くありました。

そして最近は夕食後本を読むようになり、寝る時間が若干遅くなりました。
なので、時間が多く作れたような気がしたのです。

そもそも本は好きで読んでましたが、去年仕事に関わる国家試験を受験するため、なるべくなら勉強に時間を当てたいと思い、読書を止めていました。

今は受験も終わり無事合格でき、今年の目標といえばローンやリボ払いを終わらせることぐらいです。しかもそんな大金現実的には無理な話なのですが、少しでもという思いで始めた風水生活。

今年の借金返済の目標は達成するのか?まだ3月ではこれからどう転ぶかわかりませんが?

でも明らかに時間にゆとりができたことは事実です。
昼夜合わせると約3時間のゆとりが!
いったい今までどんな生活を送っていたのかと過去の自分が情けなくなります。

でも私は今からやって遅いことはないと思っています。

なので読む本の内容も以前と変わりました。

最近は風水生活を始めたのがきっかけですが、初心者向けの風水の本を読んだり、以前から興味があったプログラミングの本を読んだりしています。
比較的専門書が多くなりました。

何故専門的が多くなったか?
その理由が夜の時間にゆとりができたことと関係しています。

まず以前の私はスマートフォンを見て今日のニュースを読みますが、だんだんとゴシップねたや流行りの物を見ていました。

そこでわからないことが出てくると検索、またはそのワードをクリックすればポンと簡単に答えが出てきます。

そんなことをやっているうちにネットサーフィンを行い、しまいには無料占いをやったりと、あっという間に30分は過ぎます。

その時わからない事を解決しても、どういうわけかすぐ忘れます。
あんなに簡単に調べられて、納得したはずなのに・・・。
占いを見たところで5つ星がついていても、その通りになったことはほとんどありません。
わかっていても何故見るのだろう?

夜の時間の使い方に疑問を感じてきました。

そこで夜のネットサーフィン習慣を止めて、占いを見るのも止め、興味のあることは新しく取り入れたいことは専門書で調べるようにしました。

すると確かに検索した方がすぐ答えが出ますが、専門書で調べた方が頭に定着しやすいとわかりました。
それに気が紛れて途中で他の記事を読んだり、占いをやったりということがありません。

自分自身客観視でき、無駄を気づくことができたことが時間のゆとりをさらに作れたポイントだと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Follow me!

前の記事

素材へのこだわり