仲直りをすると無駄が減る

人間関係の悩みはいくつになっても大なり小なりあります。

私はあまりもめない方だと自分では思っています。というか好き嫌いがはっきりしている性格なので、「この人合わない」と思ったら一切付き合いません。

家族や親しい友人は良く私の性格を理解しているので、「優しいけど薄情なところがあるよね」とあきらかにディスられたことを言われます。
それでもそのくらいで怒るほど小さい人間ではないと思っていますが・・・。

今から1年程前「この人とプライベートで付き合うのはもうやめよう」と思った同僚がいました。

たぶん器用な人は上手にプライベートを離れ、職場でも上手にあしらえるのでしょう。

でも私はそこが器用にできません。

仲悪くなる前は相手に仕事のミスがあった時、たぶん他の人のミスだったらフォローして、でも次繰り返してほしくないから、ミスは本人に言います。

でも一度嫌いになってしまうと「言っても無駄だから」と思ってしまうというか自分に言い聞かせ、何もしません。

でも自分がされたら「気づいたなら言ってくれればいいのに」と間違いなく怒るでしょう。
今ブログを書いていて、自分のことですが嫌な女だなと思いました。

そんなぎくしゃくした関係がほぼ1年続いたある日、その人から夜中に電話が。

子供が交通事故に遭い救急搬送されたそうです。
でも今は夜勤中。
上司に相談したら代われる人がいれば代わっていいけど、いなかったら病院に行くのは無理とのこと。

夜勤は1人でやっているし、夜勤ができる人数も限られています。

私は前日夜勤入りだったので、その電話をもらったのは夜勤明けの日。
本来なら断ってもいいところですが
「わかった。行くよ。病院に行ってあげて」と即答。

夜中に出勤し交代しました。

その人は無事病院に行け子供の状態もわかり、とりあえず一安心。
状況を説明に職場に戻ってきてくれました。

「〇〇さん(私)にはずっと迷惑をかけていたことはわかっているし、また今回迷惑をかけてごめんね。ずっとちゃんとお礼をしなくちゃって思っていたんだけど、口だけでできなくて・・・本当にごめん。」と目に涙を浮かべて言ってくれました。

その言葉を聞けばもうそれで十二分。
と思った瞬間、スーッと私の心に柔らかな風が通ったような気がしました。
そして清々しい気持ちに。

今まで意地をはっていた自分が恥ずかしくなりました。

「同じ職場で仲間でしょ。お互い様だから。」と私。

そこからまた仲良かった頃のように会話ができるようになりました。
ほんの些細なことの積み重ねがきっかけでお互いギクシャクしてましたが、たった一つの言葉でギクシャクが解消。

それからはミスがあった時、キチンと指摘しますが、フォローできる所は全力でフォローします。

私のミスがあった時はもちろん指摘されます。
でもその後必ず「言ってくれてありがとうございました。」と私は言います。

職場での仲良しは良くないという方もいらっしゃいますが、職場での良い関係づくりは、仕事を順調に回していくには必要不可欠だと私は思います。

占いや風水での「人間関係運」を載せているのが今まで意味がわかりませんでした。(人と揉めるわりに私は気にしてなかったのでどうでも良かったのです。)
でも良い人間関係作りは今後も継続していこうと思います。

だってストレスという無駄が1つなくなりますから。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Follow me!

前の記事

夜の時間の作り方

次の記事

ゴミを無くす