借金返済 一攫千金は求めない

車検の時期、11年乗った車だからそろそろ車を買い替えようと思い、車検で見積もりを出してもらった分を頭金にして新車を購入しました。

ところが私は頭金を払うことをすっかり忘れ、それに当てる予定だったボーナスを使ってしまったのです。
いざ新車引き渡しの時、慌ててかき集め支払ました。
とてもお恥ずかしいことです。

もちろん夫に怒られました。
でも良い車を買えたことは後悔していません。今それを乗ることも楽しみの1つになったからです。

ただ自分でやった後始末は自分でしないといけません。
この状況を少しでも早く打開したかったというのが風水生活を始めようと思ったきっかけの1つにあります。

風水を始めると宝くじが当たる!?

風水生活を始めた当初、宝くじを当てたいという思いが強くありました。
家や車、その他のローンにちょっと買いすぎたクレジットカードのリボ払い分など。要は借金をチャラにしたかったからです。

でも宝くじのために2万円以上使ったため、当選はしたもののマイナス。
しかもそのためにその月の買い物はクレジットカードで買ったので、さらにマイナス。借金を少しでも減らすというより、借金を増やさないというのが目標になってしまいそうです。このままではまずい・・・。

ここでの私の過ちは風水を始めれば運が廻ってきて、宝くじでも当たって借金がチャラになるという軽率な考えでした。

つまり風水を始めたからといって宝くじが当たるわけではありません。

風水生活をして高額当選!というのを聞いた方もいるかもしれませんが、そこに至るまでに地道に基盤を作り、自分の収入よりマイナスになるような賭け方はしていないのです。

私のようにもともとローンだらけでギリギリの生活の中、それ以上の額を当選しようとしても無理があります。

宝くじは遊びの範囲で楽しむ物なのだなと痛感しました。

借金返済のためにまず止めること

そこで始めたのはショッピングでクレジットカードを一切使わないこと。
減税対象などでカード払いの方が得なのはわかっていますが、その時払えない金額なら翌月に回したところで払えないのです。これは実体験でよ~くわかりました。

現金ならお金がなければその物をあきらめるしかありません。使えば使った分目の前で消えていきます。可視化することが借金を減らすことに繋がると思いました。

現に私の車の例で言えば、頭金を忘れてたことが今回の悲劇のきっかけになったわけです。
家計簿の大切さがわかりました。まさしく可視化です。

以前は財布を2つ用意して「クレジットカードで使った分を別の財布に移す」ということをやっていましたが、マイナスの家計では結局現金が目の前にあれば使ってしまいます。

リボ払いを利用する

そして今までやっていたクレジットカード払いは一括払いでやっていましたが、リボ払いにします。じゃないと手元に現金が残らないため現金払いができなくなってしまうからです。そしてボーナス月などの払える時に払えるだけ払ってしまいます。

それでもここで心掛けていることは無理をしないことです。

まとめ

今回のことはとても勉強になりました。
・借金を終わらせたいからといって一攫千金を夢見て頼らない!
・これから出るとわかっているお金全て家計簿に記入しておく!
・ショッピングでもクレジットカードはマイナス。借金が終わるまでは現金!

そしてクレジットカードをやめたことで、しわ寄せしていた分が徐々に改善されてきました。宝くじに頼らなければもっと早く頭金の分はキレイになっていたのに・・・。でも今さら後悔してもしょうがない。そのことで得たこともあるので今回は勉強代だと思っています。

しっかり者の方達は「そんなこと当たり前だろ」と思うでしょう。
でも同じ思いをしている方も多いと思います。少しでもこのブログがお役に立てれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です