凶日の過ごし方

先日の休み私は凶日でした。

以前は全く気にせず過ごしていましたが、せっかく風水生活を始めて日々の掃除が苦でなくできるようになり、昇給や少額ですが宝くじが当たったりと少しずつ効果が出始めたので、今回の休みは凶日らしく過ごしてみようかな?と思いました。
とまあ、休みだからできるという感じですが(^^;)

さっそく凶日の過ごし方を知人に聞いてみると、わかりやすいがとってもざっくりとした答えが

「う~ん、要はさ、あんまりはしゃぐなよってことだよ。静かに過ごしなさいってこと」

これ以上深く掘り下げて調べればいいのですが、その一言で納得してしまった私は、図書館に行って調べるわけでもなく、ネットサーフィンするわけでもなく、家で過ごそう!と決意。
そして決行!その日はどうまったり過ごそうということだけ考えました。

でも日々やると決めた掃除は普段の流れの一環なので、もちろんやりました。
家事はやらざるえないので、必要最低限はこなし、とにかくダラダラ過ごしてみる・・・

「そういえば若い頃は、休日家で過ごすというのがとても苦だったな~」とふと昔を思い出しました。

両親が離婚してから、大学をあきらめ、生活のために働きました。
当時は「働き方改革」なんて言葉はなく、月に4回休めればありがたいと思え!という風習がまだ残っていて、本当に休みは疲れを取るだけのためという感じでしたね~。
熱があろうが出勤。
そんな時代がありましたよ。

まだ若かったから、休みの日に何かしないともったいないという気持ちが強く、とにかく友達と外に出かけたかったです。
休みが外に出られないと、とても落ち込んでました。
「1日を無駄な使い方をしてしまったんだ。」と思ってたからです。
でも思ってる割に何もしないんです。
それも自分自身でわかっているので、とても歯がゆく、しまいには自暴自棄になるという繰り返しでした。

でも最近は家でのんびり過ごすということが、どれだけ贅沢なことか!とわかるようになりました。

普段日課としてやるべきことをやっていれば、その1日ぐらいやらなくても、どうってことないということに気づいたからです。

風水生活を始める前の私は、マメに掃除なんぞできていません。そして家が散らかっていくスピードの方が速かったので、休日家にいて何もしなかったら、ストレスが溜まっていくだけでした。

「あー、あれもやらなきゃいけないのに、これもやらなきゃいけないし。また1日が終わっちゃう」という感じです。
今思えばネガティブだったんですね。

でも今の私は日々日課としてやっているので、だいぶ家事に対するストレスは減りました。
これは大きい!物事に対する考え方が少しポジティブになったと思います。
なので、今回、凶日に家で静かに過ごすということにストレスを感じませんでした。
しかも休日!どうどうとゆっくり過ごせる!
最高じゃないですか!
果たしてそれが正解かどうかはわかりませんが・・・(^^;)

でもこの時期は風邪が流行っているし、そういう意味では家で過ごすのは当たっているのかもしれませんね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です