衣替えで新たな自分へ

6月といえば衣替え。
ということでさっそくやってみました。

とはいっても私の衣替えはとても簡単で、同じクローゼット内で済んでしまいます。

季節の物は取り出しやすいタンスにしまい、そうでない物は深さのあるクリアボックスにしまいます。

季節のスカートやズボンなどはハンガーを使用し、クローゼットにかけすぐ取り出せるようにします。
季節でない物はキレイにたたみクリアボックスにしまうか、書斎にあるクローゼットに移します。

そして2年以上使わなかった物は捨てます。
人によっては1年使わなければもう着ないといいますが、まだそこまで割り切れない私は2年以上着てないかというところで判断しています。

前回の頃替えでだいぶ捨てたので、捨てる物はないと思ってましたが、どういうわけかまだまだありました。

大きいゴミ袋に1つ分あり、物って自然に増えていくんだなと実感しております。

いらなくなった洋服は掃除の時に使うので、それはそれで必要だったりします。

でも20年近く捨てられない服もあります。
それは母が私に買ってくれたセーターです。

当時家は母子家庭で大変で、母は働きながら私達を育ててくれました。
そんな中私は正社員として就職が決まり、お祝いにカシミヤのセーターを買ってくれたのです。

それだけはどうしても捨てられず、丁寧に使用し、なんだかんだ毎年1回は着ています。

母と娘、喧嘩は絶えませんが、やっぱりいつまでも健康で長生きしてほしいと思います。

もちろんそのセーターは今年の冬も着るつもりなので、クローゼットにしまいました。

風水の有名な先生の本を読んだら、思いでの物は無理に捨てなくてもいいと書かれてました。
ちょっとほっとしました。

いい思いでのある品を見て気持ちが優しくなったり、モチベーションが上がるのなら、それでいいと私も思います。

そう思うと買う時はよく考える事が大切ですよね。
そうすることで、やたらと物が増えません。

使う目的がありよく考えて買った物なら丁寧に使います。
そこでいくらかかろうと使う目的が明確なわけですから無駄にはなりません。

そう考えると、お金もそうなのかもしれませんね。

お金は道具だという人がいます。
ようは使い方です。

お金は出さないと入ってこないと言いますが、何に使うか?という事を考えての話だと最近私は思うようになりました。

自分で考え納得がいけばいくらでも出した方がいいと思います。
そうでなく本心では嫌なのに人付き合いの手前ランチに付き合うとか飲みに付き合うとかはしなくていいと思います。

現にそう吹っ切れたら、人付き合いがとても楽になりましたし、もちろんその分お金は減りません。

そしてその分を自分に投資すればいいのです。

風水生活を始めてからだいぶ私の思考が変わりました。
年に2回の衣替えはいろいろな決断や新たな自分への挑戦にいい機会ですよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です