窓掃除で運気アップ

窓拭き

昨年の10月から風水生活を始めてたので、もちろん普段やらない窓ふきも昨年の大掃除で取り入れました。

金運アップしたいなら窓をキレイに!何てことを聞き、そういえば久しくやってないな~と思い実行!
ついでにカーテンも洗濯。洗濯機で洗える物を使っているので、洗うのは洗濯機だから楽ですよ~。洗い終わったら元の場所に吊るして置けば勝手に乾くので、冬の乾燥の時期にお勧めです。

ここで私がやってみて今後も続けられそうな簡単キレイになる窓掃除の仕方をお伝えします。

内側はハンディータイプの高圧洗浄機

家はハンディータイプの高圧洗浄機があるので、内側の窓はまずそれを使いました。

高圧洗浄機の良いところは洗剤を使わなくていいというところです。
洗剤をキレイに拭き取るという作業がありません。
洗剤は残ると物を変色させてしまったり、物によっては小さいお子さんのいる家は心配ですよね。
使う物は水だけというところがいいのですが、火傷には注意が必要です。

高圧洗浄機を窓全体に噴射します。後は乾いた布で拭くだけです。それだけでだいぶキレイになりますよ。
できれば布はタオルを私はお勧めします。
私はいらなくなった服があったので、それを使いやすい大きさに切り、乾拭き用として使いました。
正直生地の素材によってはとてもやりずらく水滴が残ります。
その水滴をそのままにしておくと、水垢として残ります。
その点タオル地だと他の生地と比べると心配いらないかな~と思います。

外側はホースで水を豪快にかける

外側の窓は家のハンディータイプの高圧洗浄機ではやりずらかったです。
コードが必要な物なので、延長コードを家の中から取って外に出して使ったりとあれこれやりましたが、カーテンレール以外は高圧洗浄機を使うのは止めました。
ただただめんどくさくなったからです。
これでは今後続かない・・・。何かないか・・・。

そこで、外の水道からホースで窓全体を濡らし、汚れを大体落とします。
これはいきなり擦るとキズになるのが嫌だったからです。
そして乾いた布で乾拭き。
これなら簡単!

さらに汚れを落としたければ、窓拭き用の洗剤を使ってもいいと思います。
内側では洗剤残りなどを気になり使うのをためらっていましたが、外なら豪快に流せます。ご近所迷惑にならなければ。そこは大切です。
流さないで乾拭きだけで済む物もありますけどね。

忘れてはいけないカーテンレール

そして窓拭きをした時に忘れてはいけないレール。
窓がキレイになると汚れてたままの所は目立ちます。
高圧洗浄機でやると早くキレイにできますよ。

高圧洗浄機を使った場合はその後に歯ブラシとうレールの溝に入る物でキレイに擦り落とします。

高圧洗浄機がなくても水で汚れを大体落としてから細かいところを歯ブラシなどで擦れば落ちます。

簡単な掃除は続ける

何故そんなに簡単にしたいかというと、続けたいからです。
トイレ掃除のように毎日やろうとは思いませんが、やっぱりキレイになると日差しが明るく感じられましたし、気持ちも前向きに明るくなります。

何より今の生活を変えたいと思っているわけですから、お金持ちさん達がやっている清潔を保つということをマネしたいわけです。
考えるようり行動に起こすと、自ずと後からついてくるものがあります。(これは私の直感です。)

窓掃除をした後

久しぶりの窓拭きとカーテンを洗濯したので、終わったあとの清々しさといったら!
本当に気持ちよかったです。

ただ家庭用の洗濯機ですから一度に何枚も洗えません。晴れている日に1日1窓分ずつやっていきました。
そして窓掃除も一気に全てをやろうとせず、休日のできる時に2枚分ぐらいを目安にやってみました。

窓掃除をして変わったことは、とにかく気持ちいい。
具体的に言うと、泥汚れや手垢とうで薄汚れていた物がクリアになるので、以前より明るさを感じられます。

その明るさというのが、太陽の光が窓に当たり、何というかキラキラした感じになるんです。
まだまだ春ではないですが、春の訪れのような。
気分が上がりますよ。

さあ、この窓掃除、本当に私は続けられるのか?乞うご期待!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です